\借り換えローンおすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ > 茨城県 > 笠間市

「毎月のお支払いが大変」
「もっと金利が安くならない?」

当サイトでは茨城県笠間市周辺で今日中に借り換えたい方に、融資実績が豊富な大手の借り換えローンをご紹介しています。今すぐにお金を借り換えたいなら、即日審査・即日融資も可能な安心・安全の大手消費者金融(※最短1時間融資)を利用するのがおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
借り換えローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合14時までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~18.0%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

「家族にバレたくない」「旦那にバレたくない」「奥さんにバレたくない」とお悩みの方へ。借り換えローンのネット審査は、誰にもバレずに申し込みが可能です。郵送物無しで契約したいならプロミスの他にモビットもおすすめです。「極甘審査ファイナンス」と検索されることが多いのですが、どこかの業者さんなのでしょうか?極甘審査ファイナンスというものは存在しないので、今からお借り入れをご検討中の方は特に気になさらないで下さいね。

借り換えローンの基礎知識コラム


借り換えローンの持つ意味合いは、貸し付けをおこなう会社から大金ではなく、普段使いする程度の額の融資を借り入れる際に使用される言葉なのです。


業者からお金を借りるという選択肢を選ぶなら、通常はもし返済が出来なくなったら…ということを想定しての準備が要ります。それなのに、借り換えローンという手段をとるのであれば用意が難しいことも多い連帯保証人や、不動産などの担保の難しいことは必須ではないので大変スムーズです。
健康保険証やパスポート、運転免許証といった本人だと分かるものがあると、ほとんどのケースで融資を受け取ることが出来るはずです。
カードローンを利用した金額は決まった日ごとに返済しますが、一括返済も可能です。この時はそれまでの金利が日割りで計算されますから、全ての合算金額を払います。
支払い回数の残りが多いケースだったら、まとめて返してしまうことで、金利を余計に払わなくてよくなるでしょう。

一度に返済が可能な場合には一秒でも早く全額返済して、金利が高くならないようにするのがオススメです。
利便性が高い借り換えローンですが、審査に通らないと融資は受けられませんから対策を練っている人も多いと思います。


でも、虚偽の内容で申し込むことは厳禁です。嘘は書類審査などですぐに発覚してしまいますし、返済の時にウソがばれると、業者から一括返済を求められたり、停止措置がとられ、今後お金を貸してもらえなくなってしまいます。このような情報が信用情報機関に登録されると、他の業者からもお金を借りることができなくなりますから、正直に書くようにしましょう。キャッシングという言葉を聞いたことがあるかと思いますが、金融会社から一般的に考えてちょっとした額の現金の貸与をしてもらうというタイプの借り入れ法なのです。



多くの場合、借金の申込みをするというのであれば、万が一の事を考えて補填出来るように連帯保証人や担保が要ります。けど、他のローンではなく借り換えローンを用いるならば連帯責任を負う人を探したり、資産を提出することは義務付けられてはいません。嘘偽りなく当人が申し込んでいると分かる材料があれば、大体のケースで問題なくお金が借りられます。カードローンを選ぶ際に基準となるものはその人によって違いがあります。
金利ばかりに気を取られがちですが、借入や返済のときなるべく手数料が必要ないATMの場所、それに、返済を給料日の後に行うだとかいかに便利に利用するかでも選び方は異なります。

単純に金利の面だけで比較し、自分には使いづらいカードローンだと悔やまないためにも様々な角度から見て選びましょう。

新たな会社で借り換えローンを申し込むとき、すでに他の金融業者からの借り入れがある場合は、気をつけなければいけません。とくに延滞などの事故履歴がなければ心強いですが、それでも現在の借入状況などによっては新たな借入は断られたり、減額されることがあります。
実際に延滞中でも借りることができた人はいますが、あくまでも業者判断ですし、どこなら確実に通るということは言えません。また、事故顧客リストに名前が載っていたり、2ヶ月ないし3ヶ月以上の返済遅延がある場合は新しく借り入れを行うことはほぼ無理だと考えたほうが良いです。2010年の法改正後、借り換えローンやカードローンなどの貸付金利の上限は従来の20%から18%へと下がりました。ただ、単純に喜んでもいられないようで、利息制限法における上限は18.0%なのが、条件を満たした業者が登録すれば「29.2%」以下ならの貸付が可能です。違法かというと、そうではありません。
一般に、この金利の差をグレーゾーン(金利)と呼んでいます。電車の車内広告やCMで「過払い金請求」を見かけたことはありませんか。

あれは、利用者(債務者)がグレーゾーン金利として払った額を法律事務所を通して返金してもらうというものです。もし、過去に借り換えローンを利用したことがあるという場合、それが2010年より前ならば、利息を払い過ぎていて、過払い金が発生しているかもしれません。過払い金というのは、その名の通り払い過ぎた利息のことで、具体的には、20%を超えた金利で借りていたというケースでは過払い金の請求ができます。
発生している過払い金は業者に請求することで取り戻せるでしょう。
ですが、過払い金返還請求は完済後10年間の期限付きなので、これらの条件にあてはまる可能性がある人は早めに行動しておきましょう。
借り換えローンとカードローンはどちらも金融機関からお金を貸してもらえるサービスですが、何がどう違うのか区別できず、混乱している人もいるでしょう。
簡単に説明すると、数万円から十数万円の借入に適しているのが借り換えローンで、返済は一括で行われるものが多いです。
対して、最大で数百万円までの借入限度額がある大口融資で、分割払いで返済するものが一般的にカードローンと言われます。このように、大口融資が可能なカードローンは、キャッシングと比較すると、厳しい審査をパスできなければ利用できません。インターネット環境が広く世間に普及してからはパソコンやスマホからも借り換えローンできる仕組みができたため、手軽で便利に利用することが可能になっています。

ちなみに、借り換えローンサービスが利用できるのは最低でも18歳か、もしくは20歳以上でありしっかりと安定した稼ぎがある人だということです。借り入れには金利がかかりますが、会社によって利率は違っているので、いろいろ調べてみましょう。
ほかの会社と比較しても金利が低めのところを選択すれば金利の差分節約することができます。正確には、銀行のカードローンを検討する際にはまず、口座を該当銀行に持っていないと利用できませんが、その中には、口座が無くてもカードローンが利用できる銀行もあります。


そういった銀行では契約機が設置されており、カードの作成も行えます。契約機で発行したカードを利用すれば現金の引き出しがATMで行えるため、銀行口座がなくても利用可能なのです。

茨城県笠間市の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス